個展案内

長野史子 / 硝子展

長野史子 / 硝子展

長野さんの作域はとても広い。
いくつかの技法知識を組み合わせた独自の作り方をされる長野さんには、いつも
はっと驚かされる。強さや優しさ、鋭さや柔らかさ。相対する表情を同時に持つ
ガラスの多面性を操る長野さんに無限の可能性を感じます。

2017年12月9日(土)~15日(金)
12時~19時/会期中無休
作家在廊日:9, 10日

茶話会:12月10日(日)11:00から1時間ほど
参加費用:3,000円/メールかお電話にてご予約を承ります。
TEL:03-6427-6522  E-mail:teradabijyutsu@gmail.com


今後の個展案内

  • 2018年2月 中村明久 / 陶展
  • 2018年3月 帯展(ジャワ更紗)
  • 2018年4月 高橋奈己(白磁)浅野絵莉(漆)長谷川まみ(金工)/ 三人展
  • 2018年5月 吉田直嗣 / 陶展
  • 2018年6月 杉本貞光 / 陶展
  • 2018年7月 村上躍 / 陶展

過去の実績

八代淳子 漆展

八代淳子 / 漆展

八代さんの作品はとても表情豊かだ。
それは、仕上がりを想像しながら木地から手掛ける一貫した制作方法による。
手間のかかる作業や伝統的な技法を用いながら、
モダンで洗練された作品を作り出す八代さん。
漆は思うようにならない「生き物」で、本来の魅力は
まだまだ先にあると語る彼女から目が離せません。

2017年11月10日(金)~16日(木)
12時~19時/会期中無休
作家在廊日:11, 12日

茶話会:11月11日(土)11:00から1時間ほど


西岡良弘 陶展

西岡良弘 陶展

西岡さんの作品に初めて出逢った時のときめきと胸の高鳴りは今でも忘れられない。
私が、今このように陶芸やアートの世界に導かれたのは、その時が始まりかもしれません。
寺田美術に御運びいただいた皆様にすてきな出逢いがありますように。

会期:2017年10月20日(金)~10月29日(日)/23日(月)休廊
12時~19時/最終日のみ16時迄


艸田正樹 展

艸田正樹 展

水面に一粒の水滴が広がる瞬間
そんな一瞬を切り取ったような艸田さんの作品は、ゆらゆらと水に揺れるように優しげだ。
そこまでも見通せる澄みきった艸田ワールドを、羽生野亜さんとのコラボ作品と共にお楽しみください。

会期:2017年9月8日(金)~9月15日(金)
12時~19時/最終日のみ16時迄
作家在廊:8日(金)、9日(土)


田淵太郎 陶展

田淵太郎 陶展

白磁というとややもすれば冷たいイメージが先行するところ、田淵さんの作品は、透明釉が窯の中で薪の灰や炎と混ざり合い、器の表面で化学反応が起こり、淡いグレーやピンク、青などの焼きの景色が生み出されています。
これが何とも優しく美しく、妖しいまでの不思議な魅力を醸し出しています。

会期:2017年7月7日(金)~7月15日(土)
10日(月)休廊
12時~19時/最終日のみ17時迄
7日作家在廊 8日茶話会のみ作家出席


平松 麻 展 - 景の気配

平松 麻 展 - 景の気配

作家プロフィール
平松 麻(ひらまつ あさ) 画家
1982年生まれ。
2012年より本格的に制作を始め、展覧会発表を軸に、挿画も手掛ける。
木片やベニヤ板にグァッシュや油絵具で描画し、やすりをかけながら絵肌をつくっている。
http://www.asahiramatsu.com/

会期:2017年6月17日(土)~6月25日(日)
19日(月)休廊 12時~19時/最終日のみ17時迄
作家在廊:17日、18日、21日、24日、25日

平松麻さんを囲んでのオープン二ングレセプションを催します。
お時間が許せば、お立ち寄りいただけると幸いです。
6月17日(金) 17時~20時 (作品の販売もいたします)


作家:菊池克

菊池克 陶展

ただそこにあるだけで美しく、
道具として使われる様も美しい。
それが私の好きなモノたち。
菊池克はそんなモノを造り出す作家のひとりである。

彼は今いろんな垣根を跳び越えて新しい扉を開こうとしている。

会期:5月19日(金)~5月25日(木)
12時~19時迄 会期中 無休
作家在廊:19日、20日


作家:佃 眞吾

佃 眞吾 2π
Shingo Tsukuda 2π

我谷盆や薄茶器、棚、茶箱など佃眞吾の木工作品を150点余展示いたします。作家として独自の美しさを表現する一面。職人としての技術の質の高さから美しさを探求する一面。それらが共存する佃眞吾の全貌をご高覧ください。

2017年1月21日(土)~ 2月3日(金) 12:00 - 19:00
1月25日(水)、31日(火)休み / 最終日のみ17:00まで
佃眞吾在廊日:1月21日(土)、22日(日)

1月22日(日)12:00より佃眞吾さんを囲んだ茶会を開きます
【約1時間・定員10名・3,000円
会期までにお電話又はメールにてお申込み下さい。


作家:丸山正

丸山正 着物と帯
Tadashi Maruyama Kimono and Obi

糸、一本一本の織りなす力強さと、光を湛えた丸山さんの着物と帯。アートのような強さがありますが、その強さは着ているひとを優しく包み込み、個性を引き出してくれます。上質なジャケットを羽織る。そういった気楽な気持ちで丸山さんの布を羽織ってみてください。

9月28日(水)~ 10月2日(日)
12:00 - 19:00 会期中無休 (最終日は17:00時終了)

丸山正在廊日
9月28日(水)・10月1日(土)・2日(日)
10月1日(土)14:00より丸山正による巻きつけを行います。(約1時間・定員30名)
会期までにお電話又はメールにてお申込み下さい。


作家:田中茂雄

田中茂雄陶展
~明日香の風 薫る~
Fragrance, Breeze from Asuka

古陶磁に魅せられ明日香村の穴窯で作陶されている田中茂雄さん。天然素材にこだわった作品からは素朴な自然のぬくもりが感じられます

2016年6月3日(金)~ 6月8日(水)
12:00 - 19:00 会期中無休
(最終日は17:00時終了)
5日(日)作家在廊 最終日は17時迄


作家:中村明久

中村明久陶展
~東西憧憬 時空を超えて~
Aspiration over the Time and Continent

伝統的な技法を守りながら独自の世界観を築き、現代京都を起点に李朝、デルフトそしてガレナへと、研ぎすまされた感性が時空を超え、新しい古典と呼ぶに相応しい茶碗を生み出している中村明久さんの個展を開催します。皆様のご来廊を心よりお待ちしております。

2016年4月15日(金)~ 4月21日(木)
11:00 - 19:00 会期中無休
(最終日は17:00時終了)
15日(金)16日(土)17日(日)作家在廊